すっぴん派の為のスキンケア講座
すっぴん倶楽部 ヴィセラの願い ヴィセラのこだわり トライアルセット ホームへ
リコ先生のスキンケア講座
スキンケア講座バックナンバー

〜ゴールデンウィークの日焼け対策♪ 〜



   ゴールデンウィークがもうすぐ始まります♪

   5月は、一年で一番紫外線が強くなる時期なのですが、爽や
   かな気候が、その強さを隠してしまいます。

   そのため、気がついたときには、日焼けをしてしまい、お肌
   がダメージを受けてしまっていることも...。

   外出が増えるゴールデンウィークの前に、きちんとお肌のた
   めに優しく効果的な紫外線対策をマスターしておきましょう☆
   


   ◆ゴールデンウィークの紫外線対策
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   実は、私は、1年を通して「すっぴん」で過ごしています。
   もちろん、真夏もです!

   ちょっぴり黒くなることもありますが、シミができることは
   ありません。もちろん、色もすぐに戻ります。

   これには、秘密があるんです♪

    
   その秘密というと....。


   とっても簡単♪

    『その時の紫外線の強さによって、
                紫外線対策を選ぶこと。』

                         なんです。
 


       
  [1]とっても陽射しの強い場所での紫外線対策
    
   例えば、海やピクニック、コンクリートの照り返しの強い場
   所など。


   とにかく陽射しの強い場所へお出かけをする時は、日焼け止
   めを使用することもあります。

              これは、

      『 日焼け止めによる負担 < 紫外線の負担 』

               だから。


   日焼け止めを使用する時は、下記のポイントを考え、使用す
   るものを選びます。
               ↓↓↓
      http://www.visera.co.jp/cosme/20060424.htm 

   また、日中は、しっかり帽子や長袖などで守るための対策も
   手抜かりなくしています☆


   大切なことは、帰宅後のケア。

   紫外線対策って、守ること以上に浴びた後のアフターケアが
   とっても大切!


   ポイントは、

   ○洗顔
    ⇒ 優しく泡立て、泡で洗う。
    ⇒ 32度くらいの温度のお湯を使用する
    ⇒ 脱脂力や角質除去成分の含まれていない洗顔料を選ぶ


   ○お手入れ
    ⇒ 水パックを必ず加える
    ⇒ 化粧水、美白化粧品は少し多めになじませる
      (刺激のないものを使用すること)
    
    
                            です。

   特に「水パック」は、

        ・陽射しで奪われた水分補給
        ・冷やすことで炎症を抑える
        ・化粧水の浸透をUPする

  
        などの効果もあり、必ず加えることを忘れずに!
   

   日焼けでお肌の赤みが強い場合は、清潔なタッパーウェアな
   どの密閉容器を用意し、水パック用の水とコットンをあらか
   じめ浸して、冷蔵庫で冷やしておくことがオススメです。

   軽い炎症を起こしている状態なので、クーリング効果を上げ、
   お肌を冷やしながら水分補給していきましょう。

   
   お肌がとても弱っている状態ですので、とにかく優しく、無
   理をさせないお手入れを心がけましょうね☆


   
  [2]日常紫外線の紫外線対策

   日常生活では、全く、日焼け止めは使用しません。     

     

             これは、

    『 日焼け止めによる負担 > 紫外線の負担 』

             だから。


   日焼け止めに使用されている薬品には、お肌に負担をかけて
   しまう成分がたくさん配合されています。

 
   ※日焼け止めの主流である紫外線散乱剤の原料は、二酸
    化チタン(ペンキや多くのエネルギーバーのような製
    品に使用されている)や、酸化亜鉛です。


   残念なことに、これらの化学物質も結果的には光を吸収し、
   皮膚にフリーラジカル(活性酸素)を形成したり、肌細胞の
   DNAを傷つけることも報告されています。


     
   つまり、紫外線からお肌を守るためにしているのに、お肌に
   負担をかけてしまい、シミやシワなどの肌老化を進めている
   ということなんですね...。 


   日常の生活紫外線って、1年を通して「SPF15」程度の
   効果で充分だってご存知ですか?


   SPF15程度なら、わざわざ、シミやシワなどの老化を進
   めてしまう日焼け止めを使用する必要はありません。

  
   お肌に負担をかけない対策をすればいいんです♪


             そ・こ・で


   お薦めするのが、もともと紫外線から守る力を持っている成
   分たち。


       コウジ酸
       ユキノシタエキス
       ソウハクヒエキス
       ボタンエキス
       カッコンエキス
       アルブチン
       プラセンタ
       オウゴンエキス
       ビタミンC
            ・
            ・
            ・
            ・
           など


   紫外線防御作用のために合成されたものと異なり、紫外線か
   らお肌を守りながら、同時にお肌に必要な様々な働きをサポ
   ートしてくれる優れものです!


   特に、プラセンタは大注目!!

   紫外線に対する効果は、ビタミンCをはるかに上回るほどの
   優れものなんです。


    
      プラセンタは、どうやって紫外線をカットする?
              ↓↓↓
    http://www.visera.co.jp/visera/A004.html
         (中段くらいに載せています♪) 


   

   もちろん、日中の肌への気配りも大切です。

      ・帽子や日傘の使用
       (これだけでも、8割ほど紫外線をカットできるんです!)  
      ・できるだけ日陰を歩く
      ・大きな窓側を避ける
      ・こまめに上記のような成分をお肌になじませる


   また、帰宅してからのケアも重要なポイントです♪

   陽射しの強い場所の時にお話したのと同様、お手入れを進め
   ましょう♪   

   水パックは、週に2〜3回は加えましょうね。
   
   

   そうそう、体の中から紫外線対策をすることもとっても大切
   です!

   ビタミンCやβカロテン、ビタミンEなどをたっぷり含む抗
   酸化食剤や新陳代謝を促すためのミネラルをたっぷり含んだ
   食材などをしっかり摂るためにも、バランスの良い食生活を
   心がけましょう♪
       
         (サプリメントをプラスしても良いですよ〜☆)
 

  

   5月は、紫外線がピーク期に入る時期です。

     1.お肌を潤いたっぷりにして、日焼けしにくい素肌
       の土台を作る

     2.紫外線から守り、白いお肌を保つ働きのある化粧
       水や美容液をお手入れの中心にする

     3.体の中からも紫外線に備えるために、抗酸化作用
       のある食材やミネラルをたっぷり含む食材を摂る

   この3つをポイントに、ゴールデンウィークの陽射しから、
   お肌を守りましょうね☆

 

肌トラブルでお悩みのあなた!一人で悩まず、今すぐ連絡してください(^^)!

リコ先生のすっぴん相談室
メールで相談 問診表で相談 掲示板で相談
ご相談内容はスキンケア、角栓、にきび、アダルトニキビ、大人にきび、毛穴の開き、くすみ、シミ、肌のたるみなど、お肌の悩みから、体調不良の悩みもお受け致します。
ひとりで悩まず、まずはご相談から。お電話でのご相談も受け付けております。
0982-23-8310
Copyright(C) 2004, VISERA, Inc. All Rights Reserved.